ののの リアドラ in 静岡

五重の神社三角陣封印結界の謎。菅原道真の封印解除。木花咲耶姫の封印解除。

封印解除と因縁の解消の実際

フォースの実態

f:id:tukishiro_art_lab:20200619104757j:plain

 当該ブログにおいて、対話が成り立たない事は以前から指摘してきた事ですが、この状況を「パワー」と「フォース」に当て嵌めて分析を試みてみます。

 

理解と嘲笑

 先ず、意見の違う者同士が対話を通じて議論を交わす場合、そこにはお互いに相手を理解しようとする姿勢が有る事が前提と成ります。

 

 相手を理解しようとする態度、これは「17段階の意識レヴェル」の意識マップでは、「パワー」側の意識レヴェル350に相当します。

 

 逆に、意見の違うものを最初から敵視し嘲笑し貶める態度、これは「フォース」側の意識レヴェル175に相当します。

 

 その裏に在るのは、御自身の信じる信念体系を壊される事に対する「心配」であり、そこから相手に対する「憎しみ」が生じ、結果として相手に対する攻撃的な態度へと転化されているのです。

 

 これは正にエナジーバンパイアの所業であり、邪神の在り方と同等な態度なのです。こうした攻撃にさらされた時、まともに相手にしてはいけません。スルーするのが最善策だと言えます。

 

不毛な議論からの撤退

 当該ブログには、意見の違う者を排除せんと待ち構えているガーディアンが複数存在します。これを多層攻勢防壁と呼んでいます。

 

 意見の違う者に対して攻撃を仕掛け、相手を排除する事を主目的としていますから始めから対話になりません。相手にするだけ無駄なのです。

 

 今回、国常立尊さまを捕縛し邪神サイドから開放する事が出来ましたから、当方は当該ブログから撤退したのです。

 

 今後、皆さまが当該ブログで攻勢防壁に引っ掛かる様な意見を述べるのであれば、相手の土俵に上がらない事をおススメいたします。

 

 絡まれても決して対話に応じない事です。スルースキルを身につけると良いでしょう。不毛な議論はエネルギーを吸い取られるだけですから。

 

     f:id:tukishiro_art_lab:20200606120508j:plain

 

高天原の掌握と地上の掌握

 高天原を掌握した出雲の素戔嗚尊さまは、次に地上に自分達の僕(しもべ)となる人々を送り込みます。これは大和朝廷を乗っ取り地上世界をも牛耳るためでした。

 

 最初に送り込まれたのが中大兄皇子(なかのおおえのおうじ)さまと藤原鎌足(ふじわらかまたり)さまです。そして真打として登場したのが藤原不比等(ふじわらふひと)さまでした。

 

 不比等さまは妻である県犬養三千代(あがたのいぬかいみちよ)さまと共に、朝堂に入り込みます。ここから藤原氏が台頭してくるのです。

 

 藤原不比等さまは出雲の素戔嗚尊さまの転生者です。こうして出雲の素戔嗚尊さまは、高天原だけでなく、地上世界をも牛耳る事に成功したのです。

 

 多層攻勢防壁の構成員の皆さまの中には、藤原氏全盛期の礎と成った方もいらっしゃるのです。ですから厄介なのです。一筋縄ではいかないのです。

 

封印の解除

 藤原不比等さまは後に菅原道真さまへと転生します。菅原道真さまが封印されている事が分かりましたので、こちらで封印の解除は行ったのですが、これで全てでは無かったようです。

 

 菅原道真さまの封印の解除の詳細はこちらになります。

fuuinnkekkai.hatenablog.com

 

 未だ、残っている封印があるそうなのです。おそらく、藤原不比等さまに関する封印ではないかと推測します。当然御本人は知っている事でしょうけどね。

 

因縁の解消

 藤原鎌足さま、藤原不比等さま、県犬養 三千代さま、菅原道真さまの4名に関する因縁の解消はこちらで行いました。現在四名の御霊のみなさまは浄化の過程へと進まれていらっしゃいます。

 

 もっとも、当該ブログの管理人御本人さまが因縁の解消に取り組まない限り、御本人さまには因縁の解消の結果は反映されないのです。

 

 因縁の御霊の皆さまの因縁の解消は、歴史の再考から始まりました。文献資料が有る歴史については文献に当たればよいのですが、それだけでは十分ではありません。隠された歴史が有るからです。

 

 歴史の表に出てこない隠された歴史、これを探る事が大切なのです。藤原不比等さまや県犬養 三千代さまの誠はどこに在ったのか?これを探りださなくては、因縁の解消には至らないのです。ここが、因縁の解消の難しい所なのです。

 

アクセスカウンター

↓↓↓ 宜しければ「ポチッ」とお願い致します。